融資を受けた場合、返済自体をする時には金利分を含めての支払いになるのは誰もが知っていると思います。金融会社は収益を目当てとした会社なのですから当然です。とはいえ支払う方は、少しでも少なく払いたいと思うのが内心でしょう。利息制限法が定められる前は年率30%近い金利を払わされていましたが、定められてからは高利子でも年率18%位といくぶん低く決められているので、かなりお得になったはずです。今日の融資の利率枠は4%位から18%位の範囲に定められていて、利用可能額により決められます。利用上限額は申込者の査定によって左右されます。総量制限により年収の1/3までと設けられていますので、年収がどれほどあるのか?どういった職業についているのか?キャッシングカードの使用履歴はどうなのか?もろもろ見られ与信金額としてキャッシングの内容が決まります。カードローンの場合利用可能額が10万円〜800万円(各会社で利用可能額は一様ではありません)と広い範囲があります。こうしてその枠の中で定めた利用できる額により金利も決まるのです。50万円なら年18%、300万円なら年率12%、800万円なら4%といった流れになります。結局、信用度が良ければ、与信額も多くなり、利息も低くなるというわけです。このことに疑問を感じるのは僕だけでしょうか?余談となりますが、金融会社にとって、それらの事実は問題がない事でしょうが、収入の高額な人がローンサービスが不可欠と考えずらいですし、万が一キャッシングした時でも利息がどうであると返済に追われる事はないのです。反対に収入の少ない人はすぐさまお金がほしいからキャッシングする人がほとんどです。利子が良くないと返済に苦しむことになります。このため可能枠の良くない人こそ低利率で活用できるようにすべきです。これは使用する自分が置かれている立場としての意見となります。これらの事を考えると、利子を少なくする為にはどうするべきか何となく分ったはずです。事実、これから述べる方法で、申し出をする人が大勢いるので教えますと、クレジットカードの申し込みをする時に、収入の1/3ぎりぎりいっぱいで申込みの手続きをするのです。年収600万円なら200万円。年収900万円なら300万円で申し込み、カード審査で申し込んだ満額通ればその分だけ金利が低いカードを持参することができると思います。とは言ってもMAXギリギリまで利用しなければならないという事はありません。5万円でも30万円でも必要な分だけの利用可能です。さらに利用限度金額が300万円で最低利子年率7%位のローン企業もあります。その企業に申請すればその企業の最低利率で受ける事ができるようになります。どう思いましたか?アプローチを変えるだけで低利息のクレジットカードを手に入れることが出来るのです。自分自身の年収と金融業者の設定を比べて、調査に時間を掛ければ、より良い状態で借りれるのですから、ちゃんとチェックするようにしてください。