ありふれた初心者用のFXのテキストでは「損をしたケースではナンピンで、全体の価格を下げることができる」等と書かれていますが正直に言うとこれは危険が隠れています。

まず、ナンピン買いの方法に関して易しく記述します。

たとえば、1ドル=100円でドルを買ったとします。

$(ドル)買いなので、ドル高になればなるほど黒字が出ますが不幸にして1ドル=95円まで円高ドル安が進んでしまったとします。

そのままの状況で持ち続けたとしたら、損失が戻るためには、ドル安になった分、円安に向う必要があります。

誰でも、損は早急に0にしたいと願います。

ここではじめに取引したのと同じだけの$を、95円で買い増しする。

そうすると、ポジション全体の平均の買い付け価格は97円50銭まで安くする事が出来ます。

すなわち、半分の幅で円安ドル高が進行すれば損を失くせます。

これが、ナンピンの理論です。

こういうふうに、ナンピンの方法を聞くと、「なるほど」と考えるが、為替は易々と問屋を卸しません。

初めから、95円より下がらないとは誰一人として分かるわけがありません。

もし、市場が相当のドル安動向だとしたら95円では収まらずより円高ドル安に進む確率が高くなります。

1ドル=97.50円でナンピン買いをした時に、95円まで円高ドル安になったとしたら、ナンピンした分についても、損失が生じてしまいます。

そういう状況では最初に注文したドルとあわせて、更なる差損を被ることになります。

それほど、ナンピン買いは難しいのだ。

それでは、為替相場が自分のストーリー展開とは反対にみるみる進んだ場合、どのような対応で危険性を管理すればいいのでしょうか。

この場面では選択する術は多くはありません。

まずひとつめはあきらめて、ポジションを閉じる事です。

もうひとつの方法としてはその時点で、自分か保持しているポジションを減らす事で、再び相場が戻るのをひたすら待ち望むことです。

ずいぶん消極的な手段だと思う投資家もいます。

だけど、買いポジションに損が出た場合適切なやり方はこの他にはありえません。

言うまでも無く、机上では、ナンピン買いする手法もあるように思える。

しかしながらナンピン買いはあなたが損失を披っているのに、買いポジションを減らすどころか、反対に買いポジションを増やしていく考え方です。

この手段では、危険を管理することなどどこをどうやってもやりようがない察するべきです。

ナンピンを続ければいつかは勝てるかもしれない。

だがしかし、それより前にお金がショートしてしまうだろう。